神頼みや占いの罠。他力本願は神様に応援されない。

夢の叶え方, ブログ, 本当の引き寄せの法則

こんにちは。

 

 

ヨンソです。

 

 

皆さん困った時の神頼み。

 

 

こんな言葉を聞いたことありませんか?

 

 

今回は神頼みに関する僕の経験をお伝えします。

 

 

 

神頼みや占いの罠

 

 

 

 

神社や仏閣、パワースポットなどに出かけ自分の願い事を叶えてもらおうとする。

 

 

そんな行動をしたことのある方は非常に多いと思います。

 

 

ちなみに僕も借金まみれで何をやってもうまくいかなかったとき、神頼みをしまくった経験があります。

 

 

また占いやパワースポット、パワーストーンなど、とにかくご利益のあるものにすがり、自分の人生をより良くしようと努力してた時期があります。

 

 

神頼みや占い、神社仏閣やパワースポットへ出かけることや、お願い事をする事は決して悪いことではないと思います。

 

 

ただし、人間レベルでやれることをやってない状態でいくら神頼みをしたところで結果的には願いは叶わない。

 

 

願いが叶わないことが完璧なんです。

 

 

これは僕が10年間、神社や仏閣、占いに依存した結果得た貴重な体験です。

 

 

その仕組みについて僕の経験をお伝えします。

 

 

肉体をもって生まれた意味

 

 

なぜ我々は肉体を持ってこの世界に生まれたのだろうか?

 

 

人間は変化と言う過程を経験する、何かを選んでそれから変化を感じ取る。

 

 

そういった過程を経験するために肉体を持って生まれてきた。

 

 

一旦、自分が誰がであるかを忘れることによって、また別の観点から本当の自分と言うものを思い出すことができます。

 

 

時間という概念がない所に存在していれば、全く変化と言うものがないわけです。

 

 

これは肉体を離れた天国です。

 

 

実は全てが同時に起きているので、変化を経験するために、そしてまた別の視点に立った自分を発見するためには、時間や空間変化というのものが必ず必要になってきます。

 

 

存在の構造というのは全く変わる事は無いのですが、その構造に対する視点や経験が変わることによって、創造がどんどん拡張して拡大します。

 

 

私達人間がこの世界に生まれてきた理由はまさにそこにあります。

 

 

肉体を付け、わざわざ不自由な状態で生まれることで得られる様々な経験が、実は非常に価値のあるものだと生まれる前に私たちは知っていたのです。

 

 

神様に願い事をしてすぐに叶うのであれば、それは天国や4次元以上の世界にいるのと何ら変わりがありません。

 

 

我々はわざわざ願い事をしたときに、一定のタイムラグの中で様々な経験を通じ学ぶことが、肉体を持って生まれてきた本来の意味だと僕は感じてます。

 

 

 

 

人事を尽くして天命を待つ。

 

 

出来ないことを通じて、出来る経験が得られる。

 

 

知らない経験を通じ、知る経験が得られる。

 

 

ない経験から、ある経験が得られる。

 

 

このように常に私たちは相対的なものにより、その反対にあるものを得ようとする努力をすることで成長や喜びを味わうのです。

 

 

言わば、わざとできない経験を生み出し、できる経験を味わうことにより大きな喜びを得ているのです。

 

 

神様はこのような人間の貴重な経験を奪うこのような事は絶対にしません。

 

 

そもそもその結果を出すための苦しみや試行錯誤していること、それ自体が非常に価値のあるものだと言うことを神様自身が知っているのです。

 

 

それを神様が介入し、その経験を奪う事は本来の優しさや愛ではないと僕は思います。

 

 

人間も子育てをする上で、また人を育てる上で、あまり手を差し伸べすぎるとその人の成長や経験を奪うことになるのです。

 

 

それは本当の愛では無いと僕は考えます。

 

 

本当の愛とは相手を信じ見守る。相手がどんな状態であろうともそれを応援し見守る。

 

 

神様は我が子を育てるように、人間が一生懸命に何かを得ようと、目標達成しようと努力している姿を応援するのです。

 

 

そしてその必死な姿に心打たれ、何かヒントやそこに向かっていける知恵を授けるために様々な仕掛けをします。

 

 

それは与えるのではなく、その人が自分自身で気付けるような仕掛けをしていると僕は思います。

 

 

そこに気付いた人達がそのヒントやきっかけを通じ、自分の出したい結果へと自ら導いていくのです。

 

 

そしてそれが達成された時に大きな喜びを感じるのです。

 

 

結果を得た時にいつも僕が思う事は、得た結果そのものよりも、そのプロセスで得た経験やご縁、試行錯誤した末得た知恵が後に大きな力になるのです。

 

 

得た結果よりも大きいのはそのプロセスで得た経験です。

 

 

なので神頼みは神様に私は〇〇をやります。と宣言をすることから始めるのが良いでしょう。

 

 

神頼み

 

 

そしてどうぞお見守り下さい。

 

 

後は人事を尽くす。

 

 

やるだけやったら結果はお任せましょう。

 

 

占いやパワースポット、お守りは許可証である

 

 

瞑想や占い、様々なメソッドやラッキーアイテム、パワースポット、それらに自分自身の人生を預けると自分本来の力を忘れてしまう。

 

 

すべてのものは、本来何の意味も持っていないと僕は考えます。

 

 

そこに意味や力を与えるのは人間の意識

 

 

私達自身がそのようなメソッドに対してどのような信念を持っているかによって、それがいかようにも変容するのがこの世界。

 

 

瞑想に魅かれるのなら、瞑想によってより本来の自分に近づけるという信念をもっているのです。

 

 

ワクワクするなら実行。しないならしなくても無理にする必要はない。

 

 

〇〇しないと上手くいかいない。という絶対的な法則はこの世に存在しません、

 

 

魅かれるというのは、その時にそれにあった信念、波動であったからです。

 

 

テクニックとしての使うことによって自分が成長するという許可を与えている。

 

 

どんなテクニックでも、成長することに許可を与えているのが自分だと言うことに気づけば、テクニックは要らないとするかも知れないし、継続的に活用するかも知れません。

 

 

自分の人生そのものを瞑想として再定義することも可能です。

 

 

全てのツールやテクニック、儀式、物は、より本来の自分であるために自分自身に許可を与えてるということです。

 

 

やってみてワクワクしないものであれば、自分にとっての許可証ではないので、他のものを探して下さい。

 

 

最もパワフルなのは自分自身であるということ。

 

 

あなたの意識が全てのものにパワーを持たせているのです。

 

 

そして1番ワクワクすることを選択すれば、それが別の原動力となりシンクロニシティに繋がる。

 

 

これが引き寄せの強力な作用点となる。

 

 

本来の自分が持つパワーは不可能を可能にするほどの大きな可能性を秘めてます。

 

 

 

 

 

 

 

願いに対する思いが大切

 

 

自分の願いを叶えるために何よりも大切な事は、自分が何のためにその願いを叶えたいのか?なぜそれを達成したいのか?この思いが僕は1番大切だと思います。

 

 

その思いが無いままに、自分の願いを叶えようとしてもそれは途中で挫折してしまう。

 

 

自分がその願いが達成されたときのワクワク、それが達成されたと喜び、それを感じた時に自分の中で絶対にそれを達成したい!そんなふうに感じる想いがあれば、それはあなたがそれを達成する可能性は非常に高くなります。

 

 

そうすると楽しくない時や、うまくいってないと感じた時も、その辛さとその目標を比べた時に辛さが目標を上回るなら、それはあなたにとってはそれほど大事ではなかっただけなんです。

 

 

それに気付いたことが大きな成果なのです。

 

 

あなたにとって本当に大切な願い。

 

 

それをぜひ自分に問いかけてみて下さい。

 

 

その願いが本物であればあるほど、あなたにはそれを達成する原動力が生まれてくるでしょう。

 

 

そしてその頑張り、その想いに神様はきっと何らかのヒントを与えてくれるでしょう。

 

 

神様は常にあなたのことを慈愛深く見守って応援してくれています。

 

 

あなたが自分を信じる力、強い信念が全ての望みを可能にします。

 

 

本当の自分は全ての答えを知ってます。

 

 

ナナちゃんの新刊が発売されました😁

 

 

パートナーシップをテーマにした書籍第3弾です!

 

 

 

 

 




にほんブログ村 経営ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ にほんブログ村